家が売れない期間、いつまで待ちますか?早く買い主を見つける方法を具体的に解説します。

 

 

あなたは今、家が1年以上売れない期間が続いて悩んでいませんか?

 

家が売れないと言いつつ、色々対策はしているにも関わらずです。

 

不動産会社を変えた方が良いのか。

 

内覧はあるのに購入まで至らない。

 

もしかしたら、部屋がたばこくさかったり、カビくさかったりするのが原因?

 

そんな悩みもあるかと思います。

 

さらに1年以上売れていないとなれば、このまま売れないんじゃないかという不安が付きまといます。

 

単刀直入に言うと、今、あなたの家が売れないのは単純に相場と比べて価格が高いことが考えられます。

 

ただ単に相場と比べて価格が高い。物件の内容も悪くない。

 

そのような場合、価格を下げてしまった方が早く売れる可能性があります。

 

ですが、不動産会社によっては、さっさと値下げさせて早く売ってしまおうとする業者も中にはいます。

 

ここでは、値下げを考えているがそのタイミングと早く買い主を見つけるための方法を解説していきます。

 

 

家が売れない原因は値段の可能性が大

 

家が売れないと悩んでいる場合、価格を下げれば早く買い主が見つけられる可能性があります。

 

なぜなら、家の成約が最終的に決まる要因は値段だからです。

 

もし、周りに同じような物件があって売りに出されていたらどちらを選びますか?という話です。

 

同じ物件だったら少しでも安く購入できる方が買い主にとっては買うきっかけになります。

 

でも、売る側からしたらできるだけ高く売りたい。

 

そこで重要なのが値段を下げるタイミングなんです。

 

値段を下げれば下げるほど、買い主が見つけやすくなるのは当然なのですが、不動産会社によっては安く売ってしまったり失敗してしまうケースがあります。

 

不動産会社側からしても、他にも物件を抱えていますので早く家を売ってしまった方が何かと都合が良いのです。

 

そんな焦る気持ちにつけいるような値下げ交渉。

 

もし、積極的に不動産会社が値下げを要求してきたら注意しましょう。

 

多くの人は、相手もプロですから不動産会社の言っていることを信じてしまうのが現状だと思います。

 

ですが、その値下げのタイミングで失敗しないためには、不動産会社がどのような売却活動を行っているのか? を調べることが最も重要です。

 

それが、本当に合っているのかどうなのか理解してから値下げするようにしましょう。

 

 

不動産会社の売却活動をチェックしよう

 

 

では具他的にどこを見るのか?ここが重要になってきます。

 

それは、内覧する人がどれくらいいるのか?どのくらい滞在してくれているのか?

 

この2つです。

 

 

例えば、東京都内では内覧する人が1ヶ月で4〜5人がベストです。

 

そのくらい内覧に来てくれる人がいればその価格は適正であると考えて良いでしょう。

 

なぜなら、値下げの判断を見分ける基準であること、不動産会社の売却活動がどの程度かわかるようになるからです。

 

内覧の数がそれよりも下回れば相場よりも高い。逆に内覧の数が多ければ低い価格になっているということです。

 

それらを踏まえた上で値下げのタイミングを考えます。

 

また、中には一度見に来てすぐ帰ってしまう、長時間滞在して物件を見ている人がいる場合は値下げのタイミングではありません。

 

なぜなら、早く帰る人はただ単に気に入らなかったケースが多く、長時間滞在の場合は何かの調査で見学に来ている可能性が高いからです。

 

この辺の具体的な数字は非常に大事ですので、あなた自身も積極的に不動産会社に確認していきましょう。

 

専任媒介契約の場合は報告の義務があるのですが、中にはその報告がとても適当な場合があります。

 

ちゃんとしている会社であればしっかりとした報告がありますので大丈夫です。ですが、それすらできない場合はすぐに不動産会社を変えた方が良いでしょう。

 

そのまま依頼しても売れる可能性は低いです。

 

契約する際は、どれくらい内覧があるのか?どれくらい滞在しているのか報告してもらうことを伝えてください。

 

報告が無ければ契約を解除することも忘れずに伝えましょう。

 

もし、また1から不動産会社を探すのも面倒で、早く問題を解決したい場合は以下の一括査定サイトがとても便利です。

 

すぐに数社から見積もりがとれますので、よりスムーズに売却活動が再開できますので参考にしてみてください。

 

【無料】複数から見積もりをとる

 

家を売却するときの値段の下げ方

 

上記で説明した方法でもまだ売れないということであれば、ようやく値下げについて考えていきます。

 

必ず、不動産会社はどのような売却活動をしているか?は何度も言いますが確認してくださいね。

 

通常であれば3〜4ヶ月くらいで、一度値下げするか考える時期に入ります。

 

どの不動産会社も大体このぐらいで考えてくるのではないでしょうか。

 

ただ、値下げは思ったより勇気が必要なんですよね。売れる物件はあっという間に売れますし。

 

3〜4ヶ月して売れないようであれば、何かしら対策はしていかなければなりません。

 

なぜ売れないのか?落ち着いて分析してこいくことが大事です。

 

値下げのタイミングは3ヶ月ではあるけれど、それはあくまで目安であって必ずしもそうしなければならないわけではありません。

 

そうならないために、自分で家を売る価格の上限を先に決めてしまう方法があります。

 

売る前に自分の中で3つの価格を決めて売りに出して、タイミングを見て価格を変えていきます。

 

そうすれば、おのずと家が売れるまでの期間が短縮される可能性があるというわけなんです。

 

家を売る時に大事な3つの価格

・この価格で売れれば嬉しい価格

 

・周りを見ても相場通りな価格

 

・これ以上は安くできない価格

 

 

売る前にこの3つを決めてしまえば、精神的にも楽に売却活動ができるでしょう。

 

売却価格の決め方は下記でも解説しています。

 

家を売る目安。価格交渉も考えて高く売り出す

 

家が売れない期間をだらだら延ばしても、結局あなたの家の価値を下げるだけです。

 

あとは、タイミングを見計らって思い切って値下げする。

 

このような計画を立てることで、値下げするハードルが自分の中でぐっと下がります。

 

それでもだめ。それでも売れない。一刻も早く手放したい場合は不動産会社へ買取してもらうことが一番早く手放せます。

 

価格は3割以上安くなりますが、そのような場合には効果的な方法です。

 

また、今後あなたの家が空き家になってしまう、実家が空き家、買取について詳しく知りたい場合は以下を参考にしてみてください。

 

空き家買取サイト 

 

 

では、どのくらいの単位で価格を下げていけば良いのでしょうか。

 

値下げするといっても、10万?100万?300万?少しづつ?

 

あまり急激に値段を下げたくないからちょっとづつ、なんて考えるケースもありますが全く無意味だということは覚えておきましょう。

 

スーモやホームズ、ヤフー不動産などのポータルサイトを見ていると、価格は500万円ごとに区切られているのがわかります。

 

それを超えると、新たな客層にヒットすることになります。この価格を目安にして値下げ額を考えるということ。

 

例えば、家が3550万円で売りに出して100万円下げて3450万になると、検索帯が変わり見てくれる人が変わってくるのです。

 

このような感じで、100万〜200万単位で値下げしていくのがベストでしょう。

 

また、周りのライバル物件も必ず確認しましょう。

 

周りがやはり値下げしてきたら、こちら側も値段を下げなければならないときもあります。

 

中には、相続や転勤で相場よりもかなり低い価格で売っている物件もありますので、合わせて価格を下げてしまうと失敗してしまいます。

 

時間があったり、高く売りたいと考えているのであれば、そのような物件が売り切ってからもう一度市場に売り出すなど対策をしていきましょう。

 

不動産会社に対策を教えてもらったり、家を売るときに失敗しないためにも不動産会社の選び方は大事です。

 

まとめ

 

このように、値下げのタイミングや不動産会社へ確認すべきことなど解説してきました。

 

特に以下の4つは重要なことですので確認することをおすすめします。

 

・家を売るときに先に自分で期間を決めて考える3つの価格。

 

・内覧の人数、どれくらい滞在しているか。

 

・値下げのタイミングはあくまで3ヶ月が目安。不動産会社に言われるがままにしない。

 

・ライバル物件のチェック。物件次第で早めに値下げ。100万単位がベスト

 

 

もし、これらのことを不動産会社がしっかり行ってくれないようなら、今すぐ変えるべきでしょう。

 

あなたが家の売却で失敗しないようにしっかり対策、確認はしていくべきです。

 

不動産会社を変えたい、もっと他にも探してみたい場合は以下を利用してみてください。

 

登録も1分くらいで簡単ですし、一度に複数社から見積もりがとれるので便利です。

 

その中から比較して、あなたの物件に対してどのような売却活動をしてくれるのか?しっかり見ていきましょう。

 

 

【無料】一括査定に簡単登録

不動産一括査定サイトの比較とおすすめ


イエウールの特徴



全国の地方在住の方におすすめ。地方の物件を豊富に取り扱っているため、地元にいても優良な不動産会社をみつけやすい


・不動産会社の数が多くそれぞれに得意分野があるので、難しそうな物件でもマッチングしやすい


・イエウールのよくある質問がとてもわかりやすく相談しやすい


・不動産会社の提携数が1700社以上!


・お客様からクレームの多い不動産会社は、イエウールから契約を解除することができるので優良な不動産会社が多い


・早く売りたい、地方にある家を売りたい、営業力のある不動産会社を見つけたい方はおすすめ

すまいValueの特徴


・東京都内や関東で年収が高い人や属性が高い人ならすまいValue一択でOK。


・あなたが主となり、大手を競わせて高く売ることを考えるべき



・すまいValueと提携してる6社だけで、国内の不動産流通の40%以上のシェアを占めている


・三井、住友、東急など大手の不動産会社に唯一依頼できる査定サイト


・大手不動産会社の提携なので集客力が圧倒的に高い


・すでに獲得している購入希望者の「顧客名簿」が豊富にある


・保有する顧客の中からも候補者を探してくれるので早期売却につながる


・大手ならではの保証サービスが充実している

HOME4Uの特徴


・あなたが初めて家を売却するときに、不動産会社選びに悩んでいるならHOME4Uがおすすめ。


・情報サービス事業で業界最大手のNTTグループが運営している


・官公庁や銀行などが行っている日本最高のセキュリティシステムで、あなたの個人情報を確実に保護するので安心


・業務を提携する基準がとても厳しく選定されており、評判の悪い不動産会社は提携できないシステム


・厳密な審査を通った不動産会社しか提携できないため、より高度な査定ができる


・査定後の連絡方法が選べる


・HOME4Uでは、家を貸す場合にプロに相談できるのでまずは無料相談から


・実績のある不動産会社しか選ばれないため現在は900社ほど

イエイの特徴


・イエイも初めて不動産を売却するならおすすめ。初心者に優しいサポート体制がGOOD



イエローカード制度で悪徳業者はイエイから契約を解除されるシステムを掲載。より安心して不動産会社を選ぶことができる


・お断りシステムの実施。あなたが不動産会社を断りたい場合はイエイが代行して行うシステムがある


・イエイではあなたの家を貸したい場合、複数の賃貸管理会社に無料で賃料査定の依頼できる


・イエイを利用したお客様の97%が「査定額を利用してよかった」と回答


・不動産会社の登録している数は1000社以上ある



不動産会社1社だけで選ぼうとしていませんか?

比較しないで1社だけで選ぶのはとても危険です。

なぜなら、家を売るには相場を知ることが非常に大事だからです。

そのために複数社から比較検討して決めるべきなんです。

不動産売買で損しないためにも一括見積もりがかかせません。

登録は1分くらいで簡単に依頼できます。


【無料】イエウール公式サイトはこちら

このページの先頭へ戻る