イエウールの評判。地元の不動産業者で200万円も安く売ってしまいそうになった私の失敗談

 

 

私は、埼玉県に住む外資系の企業に勤務していた39歳サラリーマンです。

 

家族は、妻と子供3人。急に海外に長期にわたって出張することが決まり、今の自宅を売ろうか考えていたところでした。

 

そのとき、地元の不動産業者にもお願いしていたのですが、600万くらいで売りそうになったのです。

 

あなたは、不動産業者との契約の際に、悩みながらも契約書にサインしてしまった経験ってありませんか?

 

私はサインまでしてしまい、売ってしまいそうになりましたが翌日解除しました。

 

理由はやっぱり、この価格が妥当なのか? 不安だったから。

 

どうしようか決断するのに悩んでいても、不動産会社から急かされたりすると何となくサインしてしまう。

 

焦ってサインすると納得のいかない結果にもなりかねません。

 

ですが、かと言ってこのままでは固定資産税も毎年かかり5年以上の海外赴任です。

 

家の維持も難しくなりそうということもありましたし、もっと良い価格で売れるのではないか?という欲もありましたので、そこで利用したのが一括査定サイトのイエウール。

 

イエウールで不動産会社を探して売却した結果、800万で売却することができました。

 

始め600万で売りそうになりましたが、築30年も経っていたので売れて良かったです。

 

やはり、1社だけで査定するのではなく、複数社で査定して比較した方が断然おすすめです。

 

そのとき私が自宅の売却で体験したイエウールの評判をお伝えします。

 

【無料】イエウールはこちら

 

 

築30年越えの一戸建てをイエウールで売却

 

私の自宅は埼玉県の所沢市の一軒家です。

 

地元の不動産会社の査定では、約650万円と査定金額を言われあまり納得できず、イエウールの査定を利用しました。

 

地域を指定することが出来て、イエウールならば不動産をできるだけ高く買い取りが可能なサービスで、住所から不動産を査定することができます。

 

都心部からは少し離れているものの、西武池袋線を利用すれば快速で22分で池袋に行けるほどの利便性もあるので、一軒家でも800万円で売却をする事が出来ました。

 

所沢駅からも10分ほど離れていて駅前、駅周辺ではありませんでした。

 

また築年数も30年は経っているので、価格は妥当だと思います。

 

6LDKの間取りだったのでファミリー向けのサイズです。

 

地元の不動産屋に査定をしてもらったときに、

 

「建物は古いけど、リフォームをしたり、補強、メンテナンスをすれば更に30年以上住むことが出来ますよ」

 

とのこと。

 

更に、イエウールで6社から不動産の査定をネットでしてもらいました。売却金額に100万円以上の差が出でていることにも気づきました。

 

 

イエウールを利用してみてのデメリット、メリットをお伝えします。

 

デメリットは、やはりとにかく不安だということ。

 

あまり、インターネットを使ったサービスというのはどこかしら不安がつきまとい、本当に大丈夫なの? という気持ちは当然ありました。

 

さらに、不動産の売却は高い価格での取引ですから、ネットのみで売却が決まってしまうのはとても勇気がいることです。

 

ただ、イエウールはサポートしている不動産会社や提携している業社が非常に多く、売る前に相談もできるといことで利用することにしたのです。

 

もし初めて不動産を売却するならば、査定をして信頼できる業社との取引が出来る様にしなければなりません。

 

私のように、一度地元の不動産業者に650万円での売却を進められサインまでしてしまったということが無いようにです。

 

イエウールで査定して売却することが出来たので800万円での売却が可能でしたが、地元の不動産会社からは足元を見られ、売却のサインまでしてしまった事は失敗だと思います。

 

その翌日にキャンセルすることが出来ましたが、事務手数料は取られました。

 

もっと速いうちからイエウールを知っていればよかったのですが、イエウールでは売る前におおよその価格や相談ができますので利用してみましょう。

 

私が利用してメリットを感じたことは、イエウールは非常に便利なサービスで売り手と買い手を結びつけるためのシステムが備わっていること。

 

地域を指定して物件の種別、町名を選択するだけでおおよその査定金額を知ることができ、物件の状況などを伝えて査定を依頼することが可能です。

 

自宅で手間もかからずに査定をして更に売却までできるという優れたサービス。

 

更にイエウールのサイトには提携している不動産会社も公開しているので、売るときの悩みもそれぞれの不動産会社に無料で相談することができます。

 

無料で相談ができる。これが何よりも不安を解消してくれて利用するきっかけになったのです。

 

初めて建物を売るということは、不安もかなり大きいと思います。もし、不動産の売却で困っているならばまずは相談してください。

 

とにかくあせらないこと。不安なまま契約書にサインしないこと。

 

サイトでは不動産の活用方法や節税についてなども情報を公開しているので、不動産を売却する時には非常に助かります。

 

【無料】イエウールはこちら

 

 

まとめ

 

家を売るとき、まずは不動産の査定をすることは大切です。

 

地元の不動産会社の中には、査定金額を低く見積もってくる業社などもあります。

 

イエウールを利用するときは、査定金額を比較して不動産の売却を検討することが特に重要です。

 

なぜなら、家を売るとき適当に進めていったら損してしまうから。

 

ですので、査定を色々出してもらったら、きちんとあなたの物件に対して良い対応をしてくれそうな会社を選びましょう。

 

後から嘆いてももう遅いですので、売却で失敗しないためにも地元の業者だけでなく比較した上で売ることが大切です。

 

【無料】イエウールはこちら

あなたの状況から選ぶ不動産一括査定サイトのおすすめ


イエウール




全国の地方在住の方におすすめ。地方の物件を豊富に取り扱っているため、地元にいても優良な不動産会社をみつけやすい



・不動産会社の数が多くそれぞれに得意分野があるので、難しそうな物件でもマッチングしやすい



・イエウールのよくある質問がとてもわかりやすく相談しやすい



・不動産会社の提携数が1700社以上!



・お客様からクレームの多い不動産会社は、イエウールから契約を解除することができるので優良な不動産会社が多い



・早く売りたい、地方にある家を売りたい、営業力のある不動産会社を見つけたい方はおすすめ


【無料】イエウール公式サイトはこちら



すまいvalue





・東京都内や関東で年収が高い人や属性が高い人ならすまいValue一択でOK。



・あなたが主となり、大手を競わせて高く売ることを考えるべき




・すまいValueと提携してる6社だけで、国内の不動産流通の40%以上のシェアを占めている



・三井、住友、東急など大手の不動産会社に唯一依頼できる査定サイト



・大手不動産会社の提携なので集客力が圧倒的に高い



・すでに獲得している購入希望者の「顧客名簿」が豊富にある



・保有する顧客の中からも候補者を探してくれるので早期売却につながる


・大手ならではの保証サービスが充実している



【無料】すまいValue公式サイトはこちら




HOME4U



・あなたが初めて家を売却するときに、不動産会社選びに悩んでいるならHOME4Uがおすすめ。



・情報サービス事業で業界最大手のNTTグループが運営している


・官公庁や銀行などが行っている日本最高のセキュリティシステムで、あなたの個人情報を確実に保護するので安心


・業務を提携する基準がとても厳しく選定されており、評判の悪い不動産会社は提携できないシステム


・厳密な審査を通った不動産会社しか提携できないため、より高度な査定ができる


・査定後の連絡方法が選べる


・HOME4Uでは、家を貸す場合にプロに相談できるのでまずは無料相談から


・実績のある不動産会社しか選ばれないため現在は900社ほど



【無料】HOME4U公式サイトはこちら



イエイ



・イエイも初めて不動産を売却するならおすすめ。初心者に優しいサポート体制がGOOD




イエローカード制度で悪徳業者はイエイから契約を解除されるシステムを掲載。より安心して不動産会社を選ぶことができる



・お断りシステムの実施。あなたが不動産会社を断りたい場合はイエイが代行して行うシステムがある



・イエイではあなたの家を貸したい場合、複数の賃貸管理会社に無料で賃料査定の依頼できる



・イエイを利用したお客様の97%が「査定額を利用してよかった」と回答



・不動産会社の登録している数は1000社以上ある



【無料】イエイ公式サイトはこちら




不動産会社1社だけで選ぼうとしていませんか?

比較しないで1社だけで選ぶのはとても危険です。

なぜなら、家を売るには相場を知ることが非常に大事だからです。

そのために複数社から比較検討して決めるべきなんです。

不動産売買で損しないためにも一括見積もりがかかせません。

登録は1分くらいで簡単に依頼できます。


【無料】イエウールはこちら


このページの先頭へ戻る