インターネットで周辺の相場を調べる方法

家を売る前にある程度の相場や適正価格を知る必要があります。

 

安易に不動産会社に依頼しても、本当にその価格が妥当なのか、業者によって見積もり価格が違うからです。

 

ある程度の自分で調べられることは調べて、依頼したときにおおよその比較をするためにも、事前準備が必要ということです。

 

また、自分で実勢価格を調べることもできます。以下の記事を参考に調べてみましょう。

 

土地や建物の実勢価格を自分で調べる方法

 

あなたが簡単に相場を調べることができるのは、3つあります。

 

 

相場、適正価格を知る3つのポイント

 

 

一括査定サイトで適正価格を知る

 

新聞の折込チラシを見て、坪単価を出してみる

 

インターネットを活用して、事例を調べる

 

 

適正価格の調べ方

 

物件の適正価格は、不動産業界では、レインズに記載されている成約事例に基づき算出されます。

 

※レインズ・・・不動産会社のみが検索できる不動産物件情報交換サイト

 

一般の方はこのレインズを見ることができませんが、インターネットや不動産ポータルサイトで相場観を把握していきます。

 

そして、不動産会社が出した査定価格が適正かどうかを判断するために、一括査定を利用し、複数の会社から見積もりを出していきます。

 

一括査定サイトは他にもありますので、以下を参考に利用してみてください。

 

【あなたの状況から選ぶ】不動産一括査定サイトのおすすめ4選

 

当サイトでは上記のような適正価格の調べ方をおすすめします。

 

また、補足で国土交通省による標準価格を調べることもできます。

 

⇒標準価格の調べ方はこちら

 

こちらにアクセスしたあと、流れにそって決定ボタンをおしていくと簡単に標準価格を知ることができます。

 

あとはそれをあなたのお家と照らし合わせてみて算出していくと良いでしょう。

 

新聞の折込チラシを見て、坪単価を調べる

 

マンションの場合は、販売事例を参考にして同じ広さや間取りを調べていきます。

 

そこで面積が違う場合は1uの価格を出してあなたのお家の面積にかけていきます。

 

1坪は1間×1間    1.1818(m)×1.1818(m)=3.3057(u)

 

例  3000万(本体価格)×50(面積)=60万(坪単価)

 

 

■参考資料 各都道府県の平均坪単価
※2015年現在 国土交通省発表(1位〜7位)

 

関東地方 106万8261円/坪
関西地方 47万4105円/坪
中部地方 28万7877円/坪
九州地方 20万9890円/坪
中国地方 20万1345円/坪
四国地方 17万5071円/坪
東北地方 13万3094円/坪

 

 

 

ただし、坪単価の平均はあくまで目安であり、参考程度にするだけで十分です。

 

 

なぜかと言うと、業者やメーカーによって算出の違いがあるためです。

 

坪単価を出す時に「延床面積」、「施工面積」のどちらを使用しているかによって坪単価は変わってきます。

 

このどちらかを使用することに決まりはないため、念のため確認する必要があります。

 

 

 

インターネットを活用する

 

インターネットで販売事例をみてみることも、相場をつかむためにも是非活用していただきたいです。

 

当サイトおすすめポータルサイトはこちら

 

⇒yahoo不動産
日本最大級の来訪者数、ページビューを誇る。不動産情報が満載。

 

⇒ホームズ
総掲載物件数No.1の実績を持つ。不動産サイトランキング1位。

 

⇒スーモ
物件を取り扱う地元の不動産会社、リフォームを頼める会社が豊富。

 

 

あなたの所有物件に近い条件を検索して販売事例を探していきましょう。

 

そうすることによって、相場観をつかむことができるようになります。

 

 

 

相場、適正価格を知ることが大切な理由

 

ここまで相場や適正価格の調べ方をお伝えしてきました。

 

なぜここまで重要なのかと言うと、

 

相場観を持っていれば、売買計画や条件の見直しをする必要があるか自分で判断できること。

 

物件が割高なのか、相場並みなのか、割安なのかある程度、把握できること。

 

 

そして、最終的な判断はあなたになりますので、周辺相場をつかんでおくことはとても大切なことなのです。

 

 

 

>>>価格交渉も考えて家を高く売り出す

あなたの状況から選ぶ不動産一括査定サイトのおすすめ


イエウール




全国の地方在住の方におすすめ。地方の物件を豊富に取り扱っているため、地元にいても優良な不動産会社をみつけやすい



・不動産会社の数が多くそれぞれに得意分野があるので、難しそうな物件でもマッチングしやすい



・イエウールのよくある質問がとてもわかりやすく相談しやすい



・不動産会社の提携数が1700社以上!



・お客様からクレームの多い不動産会社は、イエウールから契約を解除することができるので優良な不動産会社が多い



・早く売りたい、地方にある家を売りたい、営業力のある不動産会社を見つけたい方はおすすめ


【無料】イエウール公式サイトはこちら



すまいvalue





・東京都内や関東で年収が高い人や属性が高い人ならすまいValue一択でOK。



・あなたが主となり、大手を競わせて高く売ることを考えるべき




・すまいValueと提携してる6社だけで、国内の不動産流通の40%以上のシェアを占めている



・三井、住友、東急など大手の不動産会社に唯一依頼できる査定サイト



・大手不動産会社の提携なので集客力が圧倒的に高い



・すでに獲得している購入希望者の「顧客名簿」が豊富にある



・保有する顧客の中からも候補者を探してくれるので早期売却につながる


・大手ならではの保証サービスが充実している



【無料】すまいValue公式サイトはこちら




HOME4U



・あなたが初めて家を売却するときに、不動産会社選びに悩んでいるならHOME4Uがおすすめ。



・情報サービス事業で業界最大手のNTTグループが運営している


・官公庁や銀行などが行っている日本最高のセキュリティシステムで、あなたの個人情報を確実に保護するので安心


・業務を提携する基準がとても厳しく選定されており、評判の悪い不動産会社は提携できないシステム


・厳密な審査を通った不動産会社しか提携できないため、より高度な査定ができる


・査定後の連絡方法が選べる


・HOME4Uでは、家を貸す場合にプロに相談できるのでまずは無料相談から


・実績のある不動産会社しか選ばれないため現在は900社ほど



【無料】HOME4U公式サイトはこちら



イエイ



・イエイも初めて不動産を売却するならおすすめ。初心者に優しいサポート体制がGOOD




イエローカード制度で悪徳業者はイエイから契約を解除されるシステムを掲載。より安心して不動産会社を選ぶことができる



・お断りシステムの実施。あなたが不動産会社を断りたい場合はイエイが代行して行うシステムがある



・イエイではあなたの家を貸したい場合、複数の賃貸管理会社に無料で賃料査定の依頼できる



・イエイを利用したお客様の97%が「査定額を利用してよかった」と回答



・不動産会社の登録している数は1000社以上ある



【無料】イエイ公式サイトはこちら




不動産会社1社だけで選ぼうとしていませんか?

比較しないで1社だけで選ぶのはとても危険です。

なぜなら、家を売るには相場を知ることが非常に大事だからです。

そのために複数社から比較検討して決めるべきなんです。

不動産売買で損しないためにも一括見積もりがかかせません。

登録は1分くらいで簡単に依頼できます。


【無料】イエウールはこちら


このページの先頭へ戻る