リフォームはするべき?リフォーム費用を安く済ませるコツとお得な業者の見つけ方

 

「家を売る前にリーフォームはするべきか?」

 

家を売る前のリフォームは、リフォーム内容によります。

 

答えになっていませんが、状況によって異なってきますのでリフォームをした方が良いというのは断定できません。

 

 

例えば、大がかりなリフォーム、キッチン、トイレ、風呂など水回りの金額が高いところや、全体的なリフォームを行うことによってかなりリフォーム金額がかかります。

 

 

そして、その費用を回収したいがために、販売価格を上げることによって売れにくくなってしまうケースが高いのも事実です。

 

 

なぜなら、買主によって自分でリフォームをしたい方や、こういう感じにしたいというイメージを持っている方が多いからです。

 

 

それよりかはリフォーム代金代が含まれていない価格の方が、売れやすい傾向にあります。

 

 

買主とのイメージが合わなかったりする場合などは、内覧にきても購入に至らないケースがほとんどですので気をつけたいところです。

 

 

もちろんリフォームした方が良いケースもあります。

 

 

それは、ペットを飼っていて壁がボロボロになっている、ふすまや障子が破けているなどの場合です。

 

 

このような場合、リフォーム費用は安く済ませることができますので、見た目を直してキレイにする程度であればむしろやった方が良いです。

 

 

あまりにも見た目がひどい状態では、住むイメージも持てないでしょう。

 

 

なので大がかりなリフォーム控えて、リフォームしたとしてもあまり金額をかけないことをおすすめします。

 

 

ある程度リフォームの見積を出しておき、買い主へ正確な数字を出せるようであれば、リフォームのイメージもしやすくなるのではないでしょうか。

 

 

また、リフォームを安く済ませるには、複数社への見積もり比較は必ず行いましょう。

 

 

なぜなら、1社だけですと損する可能性が高いからです。

 

 

そのために便利なのが一括見積もりサービスです。簡単な操作で一度に見積もりがとれます。

 

 

【無料】リフォーム費用を一括見積もり


 

 

以外とかかるリフォーム費用

 

以外とかかってしまうのがリフォーム費用です。実際にかかるリフォーム費用の目安になりますが、家を売るときの目安として参考にしてください。

 

あまりリフォーム費用をかけすぎても買い主のイメージと違ってしまったらそれだけ購入までいたらなくなってしまうケースも考えられます。

 

なので、必要最低限リフォームする必要がある場合は、一つの目安として考えてみてください。

 

水まわり

 

 

システムキッチンを交換

 

60万〜320万円

 

既存のキッチンの撤去や廃材処理と新設備の取り付けで、20万から60万。その他、レイアウトを変えたりすると工事費が加算されます。内装も変えるとなると、壁紙代や工事費用、工期が延びる分の人件費もかかります。

 

食器洗浄機の設置

 

17万〜25万円

 

システムキッチンに組み込むビルトインタイプの場合、本体価格は15万〜22万程度。容量の大きい商品は30万円代のものも。その他取り付けで2万〜3万テ程度かかります。

 

浴槽の交換

 

26万〜90万円

 

浴槽本体は6万〜30万で、20万〜60万円の工事費用がかかります。床や壁のタイル、天井を張り替えるとなると1坪タイプの浴室で、内装費用は50万前後が目安です。

 

洗面化粧台を交換

 

10万〜30万円

 

配置の位置や内装を変えずにリーズナブルなタイプだと10万前後。シャワー付きや高級タイプのものだと25万〜28万。取り付け費用を加えると30万前後かかkります。

 

便器を交換

 

7万〜20万円

 

便器本体は4万〜。工事費は洋式から洋式は3万〜4万。和式から洋式は12万程度。段差があれば床をフラットにする費用もかかります。

 

便座を温水洗浄機能付きにすると、20万〜50万円かかります。このほか工事費用が加算されます。既存の洋式トイレから洗浄用便座を追加するだけなら7万前後から目安になります。

 

内装・建具

 

 

内装を一新

 

20万〜32万円

 

6畳の洋室の天井、床、壁を中級程度の素材で張り替えた場合。床面積60平方メートルで、内装、障子、襖の張替、水まわり設備交換を含む場合は240万から270万くらい。

 

襖、ドアを交換

 

2万〜15万円

 

襖は幅90センチの襖2枚分。中級品は2万〜3万が目安。室内ドアは中級品で10万前後。それぞれの建具調整費や取り付け日が3000円〜1万5000円程度必要です。

 

押入れをクローゼットに

 

20万〜25万円

 

高さ2300mm、幅1600mmの押入れの中板を外し、洋服をかけるパイプを取り付け、全面の扉を交換した場合。2〜3段の棚を取り付けると1万円程度のアップ。

 

和室を洋室に変更

 

35万〜60万円

 

6畳和室の床、壁、天井を張り替え、収納扉、室内扉を交換した場合。段差をなくすための下地処理や窓サッシの交換を行うと費用は加算されます。使う素材のグレードによっても費用は変わります。

 

床をフローリングに

 

50万〜70万円

 

床面積60uで全室フローリングにした場合の工事費を含む大体の目安。幅木の交換を行う場合はさらに5万〜10万円程度の費用がかかります。

 

コンセントを増設

 

3000〜7500円

 

内装張り替えと同時に行う場合の、本体と配線工事1個所分。配線工事が各3000円程度。エアコンや電子レンジ用コンセントは7500円程度です。

 

 

このように部分的にリフォームを行う場合でも業者の比較は大切です。

 

 

安心してリフォーム業者を選ぶためにも一括見積もりは欠かせません。

 

 

【無料】リフォーム費用を一括見積もり

 

 

>>>新築購入後の維持管理と積み立て

あなたの状況から選ぶ不動産一括査定サイトのおすすめ


イエウール




全国の地方在住の方におすすめ。地方の物件を豊富に取り扱っているため、地元にいても優良な不動産会社をみつけやすい



・不動産会社の数が多くそれぞれに得意分野があるので、難しそうな物件でもマッチングしやすい



・イエウールのよくある質問がとてもわかりやすく相談しやすい



・不動産会社の提携数が1700社以上!



・お客様からクレームの多い不動産会社は、イエウールから契約を解除することができるので優良な不動産会社が多い



・早く売りたい、地方にある家を売りたい、営業力のある不動産会社を見つけたい方はおすすめ


【無料】イエウール公式サイトはこちら



すまいvalue





・東京都内や関東で年収が高い人や属性が高い人ならすまいValue一択でOK。



・あなたが主となり、大手を競わせて高く売ることを考えるべき




・すまいValueと提携してる6社だけで、国内の不動産流通の40%以上のシェアを占めている



・三井、住友、東急など大手の不動産会社に唯一依頼できる査定サイト



・大手不動産会社の提携なので集客力が圧倒的に高い



・すでに獲得している購入希望者の「顧客名簿」が豊富にある



・保有する顧客の中からも候補者を探してくれるので早期売却につながる


・大手ならではの保証サービスが充実している



【無料】すまいValue公式サイトはこちら




HOME4U



・あなたが初めて家を売却するときに、不動産会社選びに悩んでいるならHOME4Uがおすすめ。



・情報サービス事業で業界最大手のNTTグループが運営している


・官公庁や銀行などが行っている日本最高のセキュリティシステムで、あなたの個人情報を確実に保護するので安心


・業務を提携する基準がとても厳しく選定されており、評判の悪い不動産会社は提携できないシステム


・厳密な審査を通った不動産会社しか提携できないため、より高度な査定ができる


・査定後の連絡方法が選べる


・HOME4Uでは、家を貸す場合にプロに相談できるのでまずは無料相談から


・実績のある不動産会社しか選ばれないため現在は900社ほど



【無料】HOME4U公式サイトはこちら



イエイ



・イエイも初めて不動産を売却するならおすすめ。初心者に優しいサポート体制がGOOD




イエローカード制度で悪徳業者はイエイから契約を解除されるシステムを掲載。より安心して不動産会社を選ぶことができる



・お断りシステムの実施。あなたが不動産会社を断りたい場合はイエイが代行して行うシステムがある



・イエイではあなたの家を貸したい場合、複数の賃貸管理会社に無料で賃料査定の依頼できる



・イエイを利用したお客様の97%が「査定額を利用してよかった」と回答



・不動産会社の登録している数は1000社以上ある



【無料】イエイ公式サイトはこちら




不動産会社1社だけで選ぼうとしていませんか?

比較しないで1社だけで選ぶのはとても危険です。

なぜなら、家を売るには相場を知ることが非常に大事だからです。

そのために複数社から比較検討して決めるべきなんです。

不動産売買で損しないためにも一括見積もりがかかせません。

登録は1分くらいで簡単に依頼できます。


【無料】イエウールはこちら


このページの先頭へ戻る