家を高く売るには不動産会社選びが重要です。

 

 

家を高く売るには、不動産会社が選びがとても重要です。

 

数ある中から信頼できる不動産会社を選ぶのはなかなか難しいですよね。

 

ですが、客観的にみてその不動産会社が信頼できるかどうかを見る方法があります。

 

 

ある程度情報を集め、不動産会社の情報や口コミなどをみていくつかピックアップしていきましょう。

 

 

その際、ホームページで会社の内容をしっかりと確認することが重要です。

 

 

なぜなら、依頼した場合あなたの物件がどのように掲載されるのか、コメントや写真が充実しているのか、ホームページ上で物件の掲載の仕方がわかるからです。

 

 

査定を依頼する不動産会社は、あなたにとって良いことだけを言う不動産会社ではありません。

 

 

あなたの物件の購入を検討する、買い主側目線で見て魅力がある会社か、買い主から選ばれている会社かどうか

 

を見る必要があります。

 

 

これはどういうことかと言うと、買い主側も一生に1度あるかないかの買い物になります。

 

 

1度物件探しをお願いしても、不信感のある対応が続けばその不動産会社からの購入を見送る可能性が高くなります。

 

 

そのような不動産会社に売却を依頼してしまうと、あなたの物件を気に入ってくれるはずだった買い主が物件に辿りつく前に離れてしまいます。

 

 

ですから、こういった事を未然に防ぐために不動産会社のホームページをチェックします。

 

 

1、物件の掲載件数、写真の見栄え

 

2、ブログの更新頻度

 

3、他会社との差別化に関する情報

 

 

1、物件の掲載件数、写真の見栄え

 

ホームページに物件の掲載が多く、写真の見栄えがきれいかどうかは簡単にみることができます。

 

 

中には、ほとんどの物件に写真がない、または一枚しか写真が掲載されていないなどの不動産会社もあります。

 

 

特に他社でも扱える物件(一般媒介)などは、複数の業者で同じ物件がいくつも掲載されてあることもあるのでその扱いや撮影技術など比較できます。

 

また、会社の営業スタンスや人員によってはそこまで手が回っていない可能性があります。

 

 

買い主側からみれば問い合わせ先の入り口部分となりますから、ここに手が回っていないのであれば納得のいく販売活動は得られないことが判断できます。

 

 

2、ブログの更新頻度

 

物件の掲載と違って営業担当者にとっては数字につながりにくい部分です。

 

 

もし、ブログやコラムが単なる会社のアピールポイントでしかないと考えている場合、更新頻度は少なくなります。

 

 

ひどい場合1年近く更新していないケースもあります。

 

 

こういったホームページの内容では買い主が魅力や信頼を持てないだけでなく、その会社のモチベーションの低さを感じさせられます。

 

 

このように細かい所まで確認することで、販売活動を適切にやってくれるのかどうかの姿勢や不動産会社を選ぶ判断材料の一つになります。

 

 

3、他会社との差別化に関する情報

 

ホームページの中に他社との差別化に関する項目があります。

 

 

これは、ここ最近購入を検討する買い主もトラブルにならない物件購入は大手、中小関係なく不動産会社や営業担当者によると考えている買い主が増えてきているからです。

 

 

そのため、不動産会社も物件だけによる集客だけでなく、それ以外の魅力やサービスを行うことで集客につなげる会社が増えてきているのです。

 

 

物件のことだけでなくその会社を利用するメリットやサービスを質問してみると良いでしょう。

 

 

他にも、様々なサービスや売却ノウハウのある会社もありますのでチェックすることをおすすめします。

 

 

不動産会社名や免許番号から調べる

 

その他であれば、新聞やポストに入っているチラシを参考に不動産会社名から判断する方法もあります。

 

 

【宅地建物取引業者の標識】

 

免許証番号

国土交通大臣

知事(      )  第                      号

免許有効期間

           年       月       日から
           年       月       日まで

商号又は名称

            〇 〇  〇 〇 

代表者氏名

            〇 〇  〇 〇 

この事務所に置かれている

専任取引士の氏名

            〇 〇  〇 〇 

主たる事務所の所在地

   〇 〇 〇 〇         電話番号      (    )

 

このような標識がありますので、その次に大事なのはカッコ内の数字です

 

これは不動産業を営んできた期間を表しています。

 

不動産業を営むためには許可が必要なのですが、初めて免許をもらうとカッコ内の数字は(1)と表示されます。

 

5年ごとに更新が必要となりますが、特に問題がない場合、数字が増えていく仕組みになっています。

 

 

(1)・・・・営業実績が5年以内

 

(2)・・・・営業実績が5年から10年以内

 

となります。

 

 

90年までは更新が3年ごとだったので、カッコ内の数字が3より大きい場合

 

数字が大きければ大きいほど実績がある

 

ということになります。

 

知事から大臣免許への変更や会社が新しく店舗を出したときなどは、カッコ内の数字は(1)になります。

 

ただし、数字が大きいからと言って鵜呑みにしないようにしていきましょう。

 

どうしても聞いたことのない名前で、不安があるような場合は監督官庁にいけば調べることができます。

 

国土交通大臣または都道府県知事は免許を与えた業者を監督していますので、だれでも業者名簿を閲覧することができます。

 

内容は取引実績や、過去の行政処分歴、財務内容などさまざまです。

 

このようにして宅建免許番号や、業者名簿からその不動産会社が信頼できるかどうか参考にしても良いでしょう。

 

 

 

>>>その会社の得意分野を知る

 

不動産一括査定サイトの比較とおすすめ


イエウールの特徴



全国の地方在住の方におすすめ。地方の物件を豊富に取り扱っているため、地元にいても優良な不動産会社をみつけやすい


・不動産会社の数が多くそれぞれに得意分野があるので、難しそうな物件でもマッチングしやすい


・イエウールのよくある質問がとてもわかりやすく相談しやすい


・不動産会社の提携数が1700社以上!


・お客様からクレームの多い不動産会社は、イエウールから契約を解除することができるので優良な不動産会社が多い


・早く売りたい、地方にある家を売りたい、営業力のある不動産会社を見つけたい方はおすすめ

すまいValueの特徴


・東京都内や関東で年収が高い人や属性が高い人ならすまいValue一択でOK。


・あなたが主となり、大手を競わせて高く売ることを考えるべき



・すまいValueと提携してる6社だけで、国内の不動産流通の40%以上のシェアを占めている


・三井、住友、東急など大手の不動産会社に唯一依頼できる査定サイト


・大手不動産会社の提携なので集客力が圧倒的に高い


・すでに獲得している購入希望者の「顧客名簿」が豊富にある


・保有する顧客の中からも候補者を探してくれるので早期売却につながる


・大手ならではの保証サービスが充実している

HOME4Uの特徴


・あなたが初めて家を売却するときに、不動産会社選びに悩んでいるならHOME4Uがおすすめ。


・情報サービス事業で業界最大手のNTTグループが運営している


・官公庁や銀行などが行っている日本最高のセキュリティシステムで、あなたの個人情報を確実に保護するので安心


・業務を提携する基準がとても厳しく選定されており、評判の悪い不動産会社は提携できないシステム


・厳密な審査を通った不動産会社しか提携できないため、より高度な査定ができる


・査定後の連絡方法が選べる


・HOME4Uでは、家を貸す場合にプロに相談できるのでまずは無料相談から


・実績のある不動産会社しか選ばれないため現在は900社ほど

イエイの特徴


・イエイも初めて不動産を売却するならおすすめ。初心者に優しいサポート体制がGOOD



イエローカード制度で悪徳業者はイエイから契約を解除されるシステムを掲載。より安心して不動産会社を選ぶことができる


・お断りシステムの実施。あなたが不動産会社を断りたい場合はイエイが代行して行うシステムがある


・イエイではあなたの家を貸したい場合、複数の賃貸管理会社に無料で賃料査定の依頼できる


・イエイを利用したお客様の97%が「査定額を利用してよかった」と回答


・不動産会社の登録している数は1000社以上ある



不動産会社1社だけで選ぼうとしていませんか?

比較しないで1社だけで選ぶのはとても危険です。

なぜなら、家を売るには相場を知ることが非常に大事だからです。

そのために複数社から比較検討して決めるべきなんです。

不動産売買で損しないためにも一括見積もりがかかせません。

登録は1分くらいで簡単に依頼できます。


【無料】イエウール公式サイトはこちら

このページの先頭へ戻る