損しないで家を売る基本は相場を知ること

【PR】
ちょっと待った!


家を売るなら1つの不動産会社だけではなく、一括で相場を調べるべきです


相場を知っておかないと売るときに比較できないので損してしまいます!


まずは無料で簡単にできるので登録していきましょう。
【無料】今すぐイエウールで一括査定を始める

契約書の見方

 

このページでは契約書の見方について解説していきます。

 

売買契約を交わすと、基本的には解除できません。

 

住宅ローンによって、買主側がローンの審査に通らなかった場合は契約はなくなりますが、基本的に
はこの時点で売買契約は成立します。

 

契約前日には契約書を送ってもらい、確認する必要がありますのでチェックしていきましょう。

 

不動産売買契約書

 

 

 

 

 

1、売買の目的物の表示

 

売買物件の表示に誤りがないかチェックします。
もし複数の筆がある場合は、1筆ごとに地番や地積が表示されているかも確認します。

 

※筆・・・不動産登記する際の土地単位のこと

 

2、土地に関する測量図

 

売買物件の対象となる土地の地番・地目・地籍などが表示されます。
登記簿に載っているものと現在の状況が違う場合は、現況地目や実績面積も確認しましょう。

 

 

3、建物

 

建物についても、所在・家屋番号・種類・構造・床面積などが表示されている確認します。

 

また、マンションの場合は、その建物と専用部分を記載します。

 

4、売買代金、手付金の額および支払日

 

売買代金や手付金、残代金の額や支払方法について、これまで買い主と交渉してきた内容が一致しているか確認します。

 

 

 

5、6、土地の実測と土地代金の清算

 

不動産取引をする場合は、土地の測量を終えてから引き渡します。
特に戸建の場合は必ず必要です。

 

実測の結果、登記記録の面積と実測した面積が違う場合は、その面積の差に応じて売買代金を清算します。

 

売買代金の清算方法は、当初の売買面積にもとづいた1u当たりの単価を用いて清算されます。

 

 

7、その他約定事項

 

所有権の移転と引き渡しの期間についても記載されます。引き渡し猶予を希望している場合は、その旨が記載されていることになります。

 

8、9、融資利用の場合

 

住宅ローン特約がある内容と、有効期間について記載されます。

 

期間は3週間が一般的なのですが、1か月など機関が長くなればなるほど、売主にとってはデメリットが大きくなってきます。

 

10、瑕疵担保責任

 

瑕疵担保責任期間をつける場合は、責任を負う期間を記載します。

 

 

 

>>>通常不動産の売却にあたりかかる税金

【PR】おすすめは以下の2社

インターネットで無料査定できるサイトはかなりの数があります。

それぞれ特徴がありますので、あなたに合う査定サイトを利用しましょう。

家の売却で相場を知ることはとても大事です。

全て無料で大手が運営しているので安心して利用することができます。


☆【PR】イエウール




全国の地方在住の方におすすめ。地方の物件を豊富に取り扱っているため、地元にいても優良な不動産会社をみつけやすい



・不動産会社の数が多くそれぞれに得意分野があるので、難しそうな物件でもマッチングしやすい



・イエウールのよくある質問がとてもわかりやすく相談しやすい



・不動産会社の提携数が1700社以上!



・お客様からクレームの多い不動産会社は、イエウールから契約を解除することができるので優良な不動産会社が多い



・早く売りたい、地方にある家を売りたい、営業力のある不動産会社を見つけたい方はおすすめ


【無料】イエウール公式サイトはこちら


☆【PR】HOME4U



・サポート体勢がしっかりしているため、初心者でも安心して利用できる



・情報サービス事業で業界最大手のNTTグループが運営している


・官公庁や銀行などが行っている日本最高のセキュリティシステムで、あなたの個人情報を確実に保護するので安心


・業務を提携する基準がとても厳しく選定されており、評判の悪い不動産会社は提携できないシステム


・厳密な審査を通った不動産会社しか提携できないため、より高度な査定ができる


・査定後の連絡方法が選べる


・HOME4Uでは、家を貸す場合にプロに相談できるのでまずは無料相談から


・実績のある不動産会社しか選ばれないため現在は900社ほど



【無料】HOME4U公式サイトはこちら




おすすめはイエウール!


比較しないで不動産会社1社だけを選ぶのはとても危険です。


なぜなら、家を売るには相場を知ることが非常に大事だからです。


自ら損しないためにも複数社から比較検討して決めるべき。


登録は1分くらいで簡単に依頼できますよ。


・Step1 都道府県を選ぶ

・Step2 市区町村を選ぶ

・Step3 町名を選ぶ

・Step4 物件種別を選ぶ


【無料】イエウールはこちら

このページの先頭へ戻る