家を売るときの売却価格を決める3つのポイント

 

家を売るとき相場を調べることはとても重要です。

 

なぜなら、それを元にあなたの物件の値段をきめる材料になるからです。

 

【無料】今すぐ相場を調べる

 

 

家を売りに出す前にあらかじめ価格設定を行うことが大切です。

 

価格設定をすることで、値引き交渉や値下げの時期などを的確に判断していけるように
していくためです。

 

 

 売却希望価格売却可能価格最終売却価格

 

 

売却希望価格・・・あなた自身が決めるこの金額で「売りたいと思う価格

 

売却可能価格・・・査定や不動産業者から提案による「売れる価格

 

最終売却価格・・・これ以上は下げられない、「最低ラインの価格

 

 

 

 

売りたい価格については、あなた自身が純粋に希望する金額を提示します。

 

ローン残高もある場合などは、返済できる価格を上乗せして決めても良いです。

 

 

売れる価格は、査定や取引事例による不動産会社が決める査定額

 

 

現実的で、この金額なら売れる可能性が高いと思われるので、信頼できる不動産会社を見つけることが重要です。

 

 

 

特に大事なのは最低ラインの価格です。

 

 

市場価格より低めの設定をした価格で、

 

あなたがこの価格で売っても損はしないという価格

 

この最低ラインの価格の決め方は、

 

住宅ローンの残りや仲介手数料を加えて、

 

価格を出すということです。

 

 

例えば、1500万くらいのローンがあったとします。

 

仲介手数料や諸経費も考えて、最低で1700万くらいで売らないと損してしまうと判断したならば、1800万が最低ラインの価格ということです。

 

 

この最低ライン以下では、もちろん売る意味がないです

 

 

ただ、状況によっては早く売りたい場合もありますし、余裕がある場合ですと長く待てることも可能かもしれませんが、最終的に判断するのはあなた自身だということは忘れてはいけません。

 

 

高く売るためにもあらかじめ自分で準備できることはしておき、売却活動に挑みましょう。

 

不動産会社の高額査定に要注意!

 

不動産会社の高額な査定には注意が必要です。

 

必ず、査定価格にはどのような根拠があって、その価格になるのかを必ず確認するべきです。

 

実際に不動産会社では契約を結びたいがために高額で査定を出し、営業していくケースも見受けられます。

 

その結果、家を売りに出してもなかなか売ることができず、どんどん値下げをしてしまい、最終的にはほぼ土地代のみの価格で売却してしまったとういう実例もあります。

 

なので、それぞれの価格についてどのような根拠があるのか売り出し価格から成約までどの期間はどのくらいになりそうか値下げするタイミングはいつぐらいなのかをしっかりと説明せてもらうことが大切です。

 

最初から適切な価格設定で売りに出していれば良かったものの、無茶な価格設定をした結果、最終的には物件が持つ力よりも大幅に安い価格で売るはめになったということがないようにしなくてはなりません。

 

欲張って高額査定を信じてしまうと、かえって損してしまうことも考えられます。
家を後悔しないで高く売るためにも、価格設定は慎重に行うようにしていきましょう。

 

【無料】今すぐ不動産会社に査定を依頼する

 

 

では、どのようにして家の価格を高めれば良いのか。
考え方としては以下の3つを抑えて価格を決めていくのがおすすめです。

 

価格設定の考え方

 

 

競合物件の有無で価格を決めていく

 

建物自体の価値を証明する

 

あなたの家の詳しい情報を公開する

 

 

このポイントをしっかり取り組めるかどうかで、今後家が高く売れるかどうかが変わってきます。
次ページからさらに深く掘り下げて価格の決め方を説明していきます。

 

 

>>>中古住宅を高く売るための秘訣

不動産一括査定サイトの比較とおすすめ


イエウールの特徴



全国の地方在住の方におすすめ。地方の物件を豊富に取り扱っているため、地元にいても優良な不動産会社をみつけやすい


・不動産会社の数が多くそれぞれに得意分野があるので、難しそうな物件でもマッチングしやすい


・イエウールのよくある質問がとてもわかりやすく相談しやすい


・不動産会社の提携数が1700社以上!


・お客様からクレームの多い不動産会社は、イエウールから契約を解除することができるので優良な不動産会社が多い


・早く売りたい、地方にある家を売りたい、営業力のある不動産会社を見つけたい方はおすすめ

すまいValueの特徴


・東京都内や関東で年収が高い人や属性が高い人ならすまいValue一択でOK。


・あなたが主となり、大手を競わせて高く売ることを考えるべき



・すまいValueと提携してる6社だけで、国内の不動産流通の40%以上のシェアを占めている


・三井、住友、東急など大手の不動産会社に唯一依頼できる査定サイト


・大手不動産会社の提携なので集客力が圧倒的に高い


・すでに獲得している購入希望者の「顧客名簿」が豊富にある


・保有する顧客の中からも候補者を探してくれるので早期売却につながる


・大手ならではの保証サービスが充実している

HOME4Uの特徴


・あなたが初めて家を売却するときに、不動産会社選びに悩んでいるならHOME4Uがおすすめ。


・情報サービス事業で業界最大手のNTTグループが運営している


・官公庁や銀行などが行っている日本最高のセキュリティシステムで、あなたの個人情報を確実に保護するので安心


・業務を提携する基準がとても厳しく選定されており、評判の悪い不動産会社は提携できないシステム


・厳密な審査を通った不動産会社しか提携できないため、より高度な査定ができる


・査定後の連絡方法が選べる


・HOME4Uでは、家を貸す場合にプロに相談できるのでまずは無料相談から


・実績のある不動産会社しか選ばれないため現在は900社ほど

イエイの特徴


・イエイも初めて不動産を売却するならおすすめ。初心者に優しいサポート体制がGOOD



イエローカード制度で悪徳業者はイエイから契約を解除されるシステムを掲載。より安心して不動産会社を選ぶことができる


・お断りシステムの実施。あなたが不動産会社を断りたい場合はイエイが代行して行うシステムがある


・イエイではあなたの家を貸したい場合、複数の賃貸管理会社に無料で賃料査定の依頼できる


・イエイを利用したお客様の97%が「査定額を利用してよかった」と回答


・不動産会社の登録している数は1000社以上ある



不動産会社1社だけで選ぼうとしていませんか?

比較しないで1社だけで選ぶのはとても危険です。

なぜなら、家を売るには相場を知ることが非常に大事だからです。

そのために複数社から比較検討して決めるべきなんです。

不動産売買で損しないためにも一括見積もりがかかせません。

登録は1分くらいで簡単に依頼できます。


【無料】イエウール公式サイトはこちら

このページの先頭へ戻る